術後の経過(過去のお話)

傷口が治っていくにつれ
かゆいのか背中をよく こするようになり 毎日、どこか出血してました。

腫瘍が大きくなる前は
寝起きなどに背中をこする習慣はあったので、ジャマなものが無くなり
思う存分こすれるのが、嬉しかったのかもしれません。






ここから先…
飼い主的には、とってもキレイになった
傷口を載せているつもりなのですが
苦手な方は見ないでくださいね!



術後19日目

4分の1 抜糸。



かさぶたもとってもらい、とっても
キレイになりました。



術後26日目

ほとんど抜糸。5本ぐらい残す。



毛もだいぶ生えてきました。



術後34日目

抜糸終了。

昔、脂肪腫除去の手術をうけた時
2週間後ぐらいに抜糸をしたら
パックリ開いてしまったことがありました
なので、今回 先生にそれをお伝えし
抜糸は少しゆっくりめにして頂きました。




この時期ぐらいから、傷口のプクッと
した所からツユみたいのが出てきていて
抜糸が終わったら 後は傷が治って毛が
生え揃うだけ!
と思っていたのですが…

この後またしばらく、傷のジュクジュクが続くのでした…



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

病理検査の結果(過去のお話)

術後6日目

先生のアドバイスもあり、この日から
お留守番中は服を着せることに。
傷口を掻くというより、ひっくり返って背中をこすってしまうので、直にこするよりは…と言うことで真夏に服 (⌒-⌒; )




いくら北海道でも暑いね~(^^;;


術後7日目

病理検査の結果が出る。
夕方、先生から電話をいただき結果

『線維肉腫』

やはり悪性。
ただ、この腫瘍に関しては 転移も飛び散りも無く取り切れていると病理検査での
結果が出てきているので、心配は要らないと思うよとのこと。
次回、詳しい説明と今後の治療についてお話しすることに。


術後8日目

通院日。
病理検査の詳しい説明を聞く。
先生は素人の私達に分かりやすく、とても丁寧に説明してくれました。

病理検査に出す時に、鼻と喉にも疑わしきがあると伝えておいてくれたそうで
その件もふまえ、肩の線維肉腫は

鼻や喉からの転移とは考えづらく
また、肩から 鼻や喉に転移したとも
考えづらいとのことでした。

鼻や喉は検査をしてないので、確実では
無いですが、モカの体に
まったく違う癌が
同時期にあったと言うことのようです。。。

今回、肩が悪性と分かりモカは癌体質ということで、やはり鼻や喉も可能性は
高いとのことでした。

肩の腫瘍に関しては取り切れてるので
傷が良くなれば完治と考えていいのかもしれません。

そして 鼻と喉。
今後の治療として、ステロイドをまずは
1錠で様子を見つつ、サプリメントも飲ませることに。
そして4週に1回インターフェロンをすることにしました。

この日、1回目のインターフェロン。





毛刈りをしている所との差がすごい!
丸刈りにしたらきっとスリムなんだろうな~(笑)



術後2日目~(過去のお話)

夜中、何回かモゾモゾしていたけど
それなりに眠れていた様子…

飼い主の方が気になっちゃって寝不足(笑)

起きてから、クシャミをするけど傷が痛くて力が入らない感じ。
逆くしゃみも多い。
逆くしゃみも、思いっきり吸えない感じ。
また鼻血が出てしまうのかとドキドキする。咳みたいなのもある。

食欲はあり。

鼻がグズグズして、寝ている時も息苦しそう。
夕方ぐらいから少し落ち着く。

術後2日目・3日目は寝ている時、普段より呼吸が荒かった。

術後4日目から日中はお留守番。
この日から、鼻や喉はだいぶ落ち着いてきた感じ。
夕方、家に帰ると背中の傷から出血。
血が流れた跡があったので、そこそこ出血した模様…
もうすでに固まっていたので、お昼ぐらいに出血したのかな…
ちょっと生々しいお肉も見えるけど、出血も止まってるので様子をみる。

術後5日目・通院日。
鼻と喉の不調はたぶん、術後のせいだと思うけど、一応 お薬を出してもらうことに。出血箇所もキレイにしてもらい、心配はなし。

この日から夜ご飯後、興奮状態に。
たぶんステロイドのせい?
お腹が空いてたまらないのか、
食後19時ぐらいから、3・4時間なき続ける日々が始まりました…




8月26日







術後のお迎え(過去のお話)

翌日には退院 出来る予定だったので
仕事終わり、夕方お迎えに。

術後、お留守番をさせるのが心配だったので、手術を木曜日にしてもらい
金曜日のお迎えにして、土日を一緒に
いれるようにしました。

前日、お話を聞きに行った時に
傷口が結構すごいから、少し覚悟しておいてね、と言われていました。

病院に着いて、まずは先生とお話。

術後はあまり食べれない子もいるそうですが、昨日の夜ご飯も、今日の朝ご飯も
しっかり食べてくれたようです(*^^*)
良かった良かった。

先生に連れられご対面…


あれ?!
そっけない……!(◎_◎;) (笑)


そう言えば、避妊手術の時も
お迎えに行ったらそっけなかったな~

たぶん、ちょっとご立腹だったんでしょうね。
ひとりぼっちで預けられ、目が覚めたら痛いし、家に帰れないし(^^;;

傷は…はい…
かなりダイナミックでした(^_^;)
20cm以上、あったかな…
まだ生々しいので、抱っこするのも
おっかなびっくり!

お家に帰ってきてからは、
ホッとしたのか笑顔も(^-^)





この日から、モカの側にお布団を敷いて寝ていました。

何故なら、夜中に背中をこすったり、かいたりして傷口が開いたら怖いので見張る為です!

私の寝不足の日々が始まりました(笑)


手術(過去のお話)

手術当日





朝ごはんを貰えなかったので
完全に察しています(^^;;
まったく笑顔がありません…

この頃は、正面からみても分かるほど大きくなっていました。





朝、病院へ。
血液検査の結果が出るまで待つ。

肝臓の数値があまりよくない。

これが緊急性の高く無い手術だったら
肝臓のお薬をしばらく飲んで
数値が良くなってから手術するけど
今回は緊急手術に等しい手術だからと
予定通り、本日手術。

なるべく麻酔の時間も短く、予定としては1時間ぐらいで終わらせたい…と。

あとは先生にお任せするしか無いので、
モカの生命力を信じ
夕方お話しを聞きに行くことで病院を後にしました。

預けた後、仕事だったのですが
気が気でなく 正直、仕事どころではなかったです(・_・;

2時ぐらいから始めると聞いていたので、3時を過ぎても連絡が無かったから
無事に終わったのかな…と少しホッと
しました。

夕方、病院へ。

手術は2時間かかったそうです。
でも、麻酔の覚めも良く経過は良好との事で一安心。

先生のお話しでは、腫瘍と血管を剥がしていくのにかなり時間がかかったとの事でした。
そして、腫瘍からたくさん血管が出ているモノは悪いモノの可能性が高いそうで
ガンは血管から栄養を貰って、大きく大きくなるそうです。

病理の結果が出ないとハッキリした結果では無いけども、先生の経験上
きっとそうなんだろうな…とこの時に
覚悟は出来てました。

取った腫瘍は400gあったそうです。
見せて貰ったのですが、大きい
雪うさぎみたいでした(^_^;)

そして、以前 腫れた原因になった歯も
一緒に抜歯して貰いました。

次の日、退院予定なので いま会うと
拗ねちゃうかもしれないから…と
この日は会わず。
でも、写真を撮ってきて下さり
いつものモカの顔で安心しました。

モカは頑張った(*^^*)


Page top