手術(過去のお話)

手術当日





朝ごはんを貰えなかったので
完全に察しています(^^;;
まったく笑顔がありません…

この頃は、正面からみても分かるほど大きくなっていました。





朝、病院へ。
血液検査の結果が出るまで待つ。

肝臓の数値があまりよくない。

これが緊急性の高く無い手術だったら
肝臓のお薬をしばらく飲んで
数値が良くなってから手術するけど
今回は緊急手術に等しい手術だからと
予定通り、本日手術。

なるべく麻酔の時間も短く、予定としては1時間ぐらいで終わらせたい…と。

あとは先生にお任せするしか無いので、
モカの生命力を信じ
夕方お話しを聞きに行くことで病院を後にしました。

預けた後、仕事だったのですが
気が気でなく 正直、仕事どころではなかったです(・_・;

2時ぐらいから始めると聞いていたので、3時を過ぎても連絡が無かったから
無事に終わったのかな…と少しホッと
しました。

夕方、病院へ。

手術は2時間かかったそうです。
でも、麻酔の覚めも良く経過は良好との事で一安心。

先生のお話しでは、腫瘍と血管を剥がしていくのにかなり時間がかかったとの事でした。
そして、腫瘍からたくさん血管が出ているモノは悪いモノの可能性が高いそうで
ガンは血管から栄養を貰って、大きく大きくなるそうです。

病理の結果が出ないとハッキリした結果では無いけども、先生の経験上
きっとそうなんだろうな…とこの時に
覚悟は出来てました。

取った腫瘍は400gあったそうです。
見せて貰ったのですが、大きい
雪うさぎみたいでした(^_^;)

そして、以前 腫れた原因になった歯も
一緒に抜歯して貰いました。

次の日、退院予定なので いま会うと
拗ねちゃうかもしれないから…と
この日は会わず。
でも、写真を撮ってきて下さり
いつものモカの顔で安心しました。

モカは頑張った(*^^*)


スポンサーサイト

コメント

  • 2015/01/04 (Sun) 00:58
    腫瘍って…

    ここまで読ませて頂いて…たまらない気持になりました。
    一番、何が辛いか…って、代ってあげられないこと。
    寄り添ってあげることしか出来ないこと…ですよね…。
    難しい手術…頑張ったモカさん。
    きっとその頑張りは、「まだまだ、モカねーちゃんの側に居たいよ」…って、
    そういう強い思いがあったのだと思うのです。
    ワンコって…動物って、そういう強さを持っていると、
    我が子との闘病経験から感じています。

    腫瘍(癌)って憎いですよね。
    だって、血管作って無限に増殖して…結局、宿り主が存命出来なくなれば、
    己(癌細胞)だって死ぬのに。意味解らない!!!
    そして、その憎い癌細胞さえ、愛しい我が子の細胞なんだ…ということ…。
    闘病中、思考が混乱し…本当に訳が解らなくなったこと…思い出しました。

    今…の、大切な時間達は…、
    あの時、モカさんが頑張ってくれたからこそ、有るのですよね(*^_^*)
    その頑張るパワーの源は、モカねーちゃんとお母様の、モカさんを想う気持ち…なのだと思うのです。
    そして…力は足りないかも…だけれど、関東のおばちゃんもモカさんを毎日、想っています。

    ななもりうぃるまま #BlJMHSWo | URL | 編集
  • 2015/01/04 (Sun) 19:55
    ななもりうぃるままさんへ

    ままさんのおっしゃる通りです(>_<)

    本当に変わってあげれるものならば
    変わってあげたい…
    私に移って欲しいと何度思ったことか。

    病気の子を持っている親はみんな
    同じ気持ちですよね。

    ままさんが言ってくれた通り
    モカが頑張って
    「まだ一緒いてあげる!」と作ってくれた
    時間を1日1日大切にします(^-^)

    ままさんの想いはいつも しっかり、
    モカに伝わってますよ(*^^*)
    ありがとうございます!

    モカねーちゃん #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top